好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

思っていることを気兼ねなく、気楽に書き綴る。私の脳内をお見せする感じです。

SPONSORED LINK

ひらがなけやきに、闇を背負わすべきじゃない。

けやき46武道館ライブ最終日、観てきました。

全体を通して楽しかった。

しかし、ひとつ、これだけは言いたい。
ひらがなけやきに闇を背負わすべきじゃない。」と。

知らない人もいると思うので一応説明するが、
皆さんご存知の、絶対的センター平手友梨奈さんがいるのが「欅坂46」で、その妹分的存在として、2016年5月8日に初期メンバー12名で発足したのが「けやき坂46(通称 ひらがなけやき)」である。

ひらがなけやきは、明るく楽しい元気なアイドルで良い曲が多い。
対照的に、欅坂46(漢字欅)が平手友梨奈さんをセンターに据えて闇を背負わせたような暗めな感じだ。

だから、ひらがなけやきちゃんは、底抜けに明るく楽しいアイドルを目指してるんだと思っていた。
だから、なんとなく、今の乃木坂46に閉塞感を感じる乃木坂オタクが、新星のごとく現れた「明るく楽しい元気なアイドル ひらがなけやき」にオタ変する気持ちは理解できなくはない。
しかし、そうゆうオタク達、ならびに、ひらがなけやきを明るく楽しい元気なアイドルとして好きになった新規のオタク達は、
ひらがなけやきが闇を背負うことを望んでいるのだろうか。

 

以前読んだ、アイドルこわいさんのブログに極めて同感しているんだけど、
乃木坂46が歌わされた「アンダー」と似たような立ち位置の曲を、今回「イマニミテイロ」として、ひらがなけやきに歌わせるのは、あまりにも酷すぎはしないか。

「イマニミテイロ」という曲だけではなく、曲披露の前に流したVTRが悪かったように思う。

アイドルの物語性はアイドルを応援するうえで必要だと思うし、それ自体はすごくいいし、オタクの求めるものだけを出していてもダメだということも分かるけど、アイドルの苦労、不遇についてのストーリーを見ている側に無理やり押し付けてくるのは、やっぱり嫌いだよ。

「物語ってのは押し付けられるもんじゃない、

自然発生的に生まれてくるものだろ。」

第一に、今回のひらがなけやきの武道館ライブでは、ひらがなけやきが地道に頑張ってきた事とか、メンバーへの思いとかは、演出じゃなくてパフォーマンスやメンバーのMCから十分すぎるほどに伝わってきていたんだから、あのVTRは要らなかった。

それなのに、VTRで、
「長濱ねる 兼任解除」(効果音:ポーン(プロフェッショナル 仕事の流儀風に。)は、さすがにない。

そして、あの感動の押し売りVTRからの新曲「イマニミテイロ」披露で、
オタク達「「うおー!!感動する!!!」」ってのは、

オタク達も、浅すぎはしねぇか、おい。

ライブの最後に、ひらがなけやきの単独アルバム発売まで決定したし、もうどのグループよりもひらがなけやきは、圧倒的な速度で坂のぼってるじゃん。

 

昨年に開催された、ひらがなけやき全国ツアーファイナルで、メンバーの佐々木久美さんは、
漢字さん(欅坂46)が『サイレントマジョリティー』や『世界には愛しかない』でどんどん坂を登っていく中で、私たちは何もできていないまま“どうすればいいんだろうね…”っていう感じで話し合ったりして…少しだけ辛い思いをして、ひらがなけやきの中ですれ違ってしまうこともあって…」と語っていたが...。

 

いやいやいや、あなた方、ひらがなけやきちゃんは恵まれてるからね。マジで。

 

「どんどん坂を登っていく中で、私たちは何もできていない」って。いやいやいや......。
なんなんだ、この違和感は。

バックグラウンドの頑張った話をライブに持ち込まれるのは、苦手だと強く感じたし、どのグループよりも圧倒的な速度で坂のぼってるひらがなけやきが、何もできていないだの、つらいだのってなあ。

他のアイドル、見てみてよ。という感じは否めない。

そのセリフは、誰かに言わされてるものなんじゃないかと訝しがってしまった。

そして、運営さんも、ひらがなけやきの物語を描きたいなら、もうちょっとひらがなけやきのストーリーが深まってからにしてくださいよ。早すぎるわ。

 

まあ、ここまで、いろいろ言ったが、

今回の佐々木久美さんのMCは、感動的なものではあったのは事実だし、ライブはすごく良かったんだよ。

しかし、泣かず飛ばずのままメンバーが卒業したり、グループが解散したりするのが今のアイドル界隈。

そんな中、結成から約2年で、漢字欅の代わりだったとはいえ、武道館3DAYSを埋め、成功させるだけの人気を博しているのがひらがなけやきだ。

それが、乃木坂46が歌わされた「アンダー」みたいな曲を、あのVTRの後で披露って何なんだろう。

 

ライブ全体が、本当に本当に良かっただけに、あの終盤のVTRと新曲「イマニミテイロ」だけは意味が分からない。

やはり、新曲「イマニミテイロ」を感動っぽい雰囲気だけでいい曲だと認めるということはしたくない。

欅坂も好きだし、ひらがなけやきちゃんも好きなんだけど、こうゆう誰得なのか分からない演出と曲は嫌い。

このブログのタイトル通り、
「好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。」は、きちんと言い続けます。

 

ひらがなけやきに、闇を背負わせないでください。

真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)

真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)

  • アーティスト: 欅坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: CD

 f:id:metropoliskun:20180202155610j:plain (画像拾い画)

念押しで言っとくけど、ライブはマジで良かったから。

私は、乃木坂オタクなんだけど、全く以って、ひらがなけやきアンチじゃないから。

生駒ちゃん、乃木坂46からの卒業を発表。サヨナラに強くなれません。

サヨナラに強くなれません。

乃木坂46生駒里奈さんが卒業。」

 

何も手につかない。

生駒ちゃん卒業ですか…。そうですか…。

前を警戒していたら、後から殴られたような感じ。それくらい突然だった。生駒ちゃんの卒業は。

 

2015年の真夏の全国ツアーのファイナル。

生駒ちゃんの「神宮ー!!」からの太陽ノックは、乃木坂46の歴史において伝説に残るワンシーンだろう。映像を観たときのことを、強く覚えている。

 

初期の頃は、まだまだバラエティー慣れせず,いろんな番組に出るたびに泣きじゃくっていた生駒ちゃん。

その頃は、乃木坂46を知らなかったので、そんな生駒ちゃんを見て、

「なんだろう、この子?大丈夫か?」と思っていた。

でもよく考えれば、16歳の女の子が身1つで上京し、アイドル活動をしていたのだから、それはそれは、大変だったことだろう。想像に難くない。

 

今では、

乃木坂工事中やNOGIBINGOというホームだけでなく、外番組でもバンバン活躍する姿が見受けられている。

自分自身、本当に勇気をもらった。

ありがとう。

 

いろいろな番組で乃木坂46の名前を広めるとともに、逆に、乃木坂アンチ、生駒アンチが増えたり、批判されたりすることもあっただろう。2ちゃんねるの乃木坂スレの書き込みの中には、目を伏せたくなるほどの悪意が散見されることもある。

握手会で面と向かって、いろいろ言われたこともあっただろう。

そんなアンチや批判に、屈することなく、ここまで「乃木坂46の顔、生駒里奈」として頑張ってきてくれたことに、強く感謝したい。

 

また、私は当時を知らないが、2014年の末、私の推しメンである松村沙友理ちゃんのスキャンダルが出てしまったとき、レコメンで謝罪した際に、それに付き添い、松村さんをフォローしてくれたのも生駒ちゃんだった。

遅ればせながら、本当にありがとう。当時の松村沙友理さんは、生駒ちゃんに勇気をもらったことだろうと思うよ。

 

生駒里奈さんが本日更新したブログにおいて、

「確かに、まだ乃木坂46でやる事はあると思います、

ですが、今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです。」

と書いている。

乃木坂46を愛し、乃木坂46のために頑張ってきた彼女の言葉には、説得力しかない。

 

乃木坂46 6作目のシングル「ガールズルール」の選抜発表の時、

センターが白石麻衣と発表されて、5作目まで連続でセンターを務めた生駒里奈は、センターの重圧から解放された安心感から、その場で気絶した。それほどの責任感を感じて、まだ有名じゃなかったころの初期の乃木坂46を支えたのだ。

 

2011年に、AKB48のライバルグループとして結成された乃木坂46

 

昨年の11月には東京ドーム2DAYSのライブを成功させ、その年のレコード大賞を受賞し、3度目の紅白歌合戦出場を果たした。

 

…もう満足しちゃったのかな。。

 

乃木坂46は、AKB48を超えたといっても過言ではない。

今の乃木坂46は最強。それは、本当にその通りだ。

 

生駒里奈

乃木坂46のメンバーとしての最後のシングル。

 

名作詞家である秋元康さんが、生駒ちゃん卒業の餞に、

どんな詩を書くのか?どんな曲を選ぶのか?

生生星のフロントが、久々に実現するのか?

はたまた、全く違ったフォーメーションになるのか?

 

本当の本当に、ここが、乃木坂46の正念場になるだろう。

 

乃木坂46のキャプテン桜井玲香さんは,1月27日のブログで、

「ワクワクする様な出会いがあれば、ちょっぴり寂しい別れもある…。

けど、出逢ってしまったということは

ずっとずっと見えない何かでつながっているということです!!!!」

と書いていた。やけに意味深なブログだなぁとは感じていた。

…なるほど。

「ちょっぴり寂しい別れもある」とは、生駒ちゃん卒業のことをさしていたのか…。

 

乃木坂46を卒業された、中元日芽香さんも

ラッシュ一号と題された、モバイルメールで、

「全てのことは

皆さんが思っているよりも多分

ずっと前に決まってる。

これから秋、冬、下手したら春に

発表になるものさえ

今の時点で決まってたりする。 」

と書いていた。

 

また,私の推しメンである松村沙友理ちゃんは、10月16日付のモバイルメールで、

「思うことはいっぱいあっても
それを
口にする事はどんどん少なくなる
言いたくても言えないことが増えるのが
大人になるってことなのかな?」

と書いていた。

これから、乃木坂を卒業するメンバー、、、

そう。私の推しメンの松村沙友理ちゃんの卒業でさえも、

もう決まってるのかもしれない。

まあ、発表されちゃったら、全然に受け入れられないと思うし,

ただただ嫌なんだけど。

 

中元日芽香さんのドキュメンタリー映像のワンシーンにおいて、

「メンバーと過ごす時間は、すごくかけがえのないもので。

でも、それに気づくのは、タイムリミットを知ってから、改めて気づくことがあるかもしれません。

そんな時に後悔しないように、どうか、たくさん、日々メンバーに、愛を伝えてあげてください。

僕には、私には、あなたが必要だよってたくさん言ってあげてください。

そうして、メンバーとファンのみなさんとで、これからも、素敵な乃木坂46を作っていってください。

と言っていた。

 

本当に、その通りだと思う。

永島聖羅深川麻衣橋本奈々未中元日芽香伊藤万理華......他にも多くのメンバーが卒業してきた。

そして、そこに生駒里奈さんが加わることになった。

 

前向きな意味での卒業。

そっと、背中を押してあげよう。

 

今日、生駒里奈さん卒業の発表を聞き、

後悔のないように、推しメンである松村沙友理ちゃんと乃木坂46の応援をしていきたいなぁと、1人の乃木坂オタクとして強く思う。

オタクにできることってのは、そうゆうことだろ。

https://spice.eplus.jp/images/quCZyi19jcndEurNOBCIzlhXz8RqGeTELG4rjKcaeK9IrLv53SRJdePBpSUuEuq7

生駒里奈の『推しどこ?』 [DVD]

生駒里奈の『推しどこ?』 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: DVD
4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [Blu-ray]

4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: Blu-ray

「クレジットカード使うのが怖い。」と言うリテラシーの低い人たち。

クレジットカード,電子マネー使っています?

私は,支払いのほとんどをクレジットカードに統一している。

正確に言うと,iD機能付きのクレジットカード。

まあ,クレジットカードに対応していない店舗もあるのでそこでは仕方なく現金払いをしているけどね。

 

日本人の決済手段は,長い間,現金払いが多数派だった。

しかし,昨今こんな記事がでていた↓。

なるほどな。

ようやく,現金払い派よりクレジットカード払い派のほうが少し多くなってきたようである。

しかし今だに,

クレジットカードを作ったことがない。

電子マネーを使ったことがない。という,頑なな現金支払い派も周りに結構いる。

 

こういう人たちからは,

「データだと支払う感覚がなくて使い過ぎが怖い。」

電子マネーってなんか怖い。」

と言っているのを聞く。

 

しかし、そもそも問題なのは,

クレジットカードや電子マネーではなく

あなたのマネーリテラシーの低さではないだろうか?

それをさも、クレジットカードや電子マネーに非があるかのごとく吹聴し,

クレジットカードや電子マネーを批判するのはお門違いと言わざるを得ない。

まずは,クレジットカード,電子マネーについて無勉強なことを反省すべきでしょう。

クレジットカードを使うことに怖さを感じる人は,マネーリテラシーをきちんと身に付けることを第一に考えるべきではないか?

 

「わかんないけど,なんか怖い。」

こうゆう漠然としたものにとらわれ,前時代的な現金払いに未だにとらわれているのはなんなのだろう?

未だにレシートを手書きで家計簿につける生活でもしてるの?

クレカだったら,Webで明細書の一覧が見れるし,csvファイルにも落とせるのにね笑

 

繰り返し言うが,クレジットカードに問題があるのではなく,あなたのマネーリテラシーに問題があるのだ。

 

よく、「クレジットカードで自己破産した」2chとかで話題になる人がいるが,そうゆう人達は一回払いではなくリボ払いという,ヤバい支払い方法でクレカを使っている人が大半だし,ほとんどのクレジットカードユーザーは一回払いか,多くても十二回払い くらいじゃないだろうか?

また,クレジットカードには年会費がかかるものが多いが,

一年間に一回でも使えば年会費が無料になるカードもあるのだから,クレジットカードを持たないことの言い訳には使えないだろう。

 

 

こうゆう基本的なことも知らずに,

「クレジットカードは,怖い。」と言ってしまうのは,

自分を「マネーリテラシーの低い人間です(´ω`)」と周りに言って回っていることに等しい。

 

あなたが頑なに現金支払いすることで,あなたが損するだけでなく,

日本社会に如何に迷惑をかけているか?生産性を低下させているか?を知っていただきたい。

 

給料日になればATMの前に列をなして並び,時間を無駄にし,

「大金を入れとくと怖いから。」といって財布からお金が無くなればATMから少しずつおろして使い,

会計となれば、レジで小銭をちまちま数えて支払い,

それに対して,店側は,

閉店の度に,レジのお金を数えて違算の計算をし,現金を持っていることによる強盗に怯え,また一定額になったらATMに入金し,小銭が足りなくなったら銀行に行って両替して補充し,,,,

・・・・この一連の流れ,実に効率が悪く合理的でないし,極めて生産性が低くはないだろうか。

 

決済手段電子マネーやクレジットカードにすると,とても効率が良く合理的だ。

給料日にATMの前に列をなして並ぶ必要はないし,

財布に大金を入れとく必要はないし,

ATMから少しずつおろして使う必要はないし,

レジで小銭を数えなくていいし,

また,

電子マネー決済のみの店側としては,

閉店の度に,レジのお金を数える必要はないし,

現金がないので強盗に怯える必要はないし,

ATMに入金したり,小銭を両替する必要がない。

 

本当に,合理的だし,極めて生産性が高い。

 

ち物も少なくなるし,会計もスムーズ。

私自身,クレジットカードに統一したときに,

長く使っていた長財布から小銭入れ付きカードケースに切り替えたし,

この時に使わないポイントカードの断捨離もしたので,

今は小銭入れ付きカードケースにクレカとポイントカード数枚と少額のお札と小銭のみ入れている

本当にすっきりした。

 

また、クレジットカードでは使い過ぎが怖いというマネーリテラシーの低い人や,即時支払いのほうが安心できるという現金思考が強い人向けに,デビットカードというのもある。分からない人は,自分で調べてください。

まあ,EdySuicananacoといったプリペイド型?チャージ型のものもいいでしょう。

しかし,チャージ金額が不足していたからその場で現金を出してチャージし,それから支払うというのは多少時間もかかるし,良くないので,

こういうプリペイド型?チャージ型のものを使うならオートチャージにしておくほうがよいだろう。

 

まあなんにしても,

これからは皆さんも,現金払いから,電子マネーやクレジットカードによる決済に切り替えていった方が,社会の生産性も高まるし,良いのではないでしょうか。

「有名税」という言葉の気持ち悪さ。

有名税

有名税(ゆうめいぜい)とは,有名であるが故に,知名度と引き換えに生じる問題や代償を税金に例えた単語。

私は,この言葉が吐き気を催すほど嫌いだ。
なぜなら,この有名税」という単語は,
マスコミが有名人(芸能人)を晒し上げる際に,自らの「芸能人晒し上げ」という行為を正当化するために作り出したものであるからだ。

マスコミというのは,芸能人ネタ,特に不倫,薬物,熱愛などのゴシップ記事でお金儲けをし,ご飯を食べている人たちの集まりである。

だから,芸能人ネタのゴシップ記事で世間が盛り上がってくれなければ,マスコミはお金儲けができないし,ご飯が食べれないのだ。

つまり,マスコミが自分たちが都合がいいように,お金儲けするために有名税と言っているだけであり,一般市民とはなんら関係のない言葉なのだ。

しかし,一般市民が,有名税有名税,と言っているところや,Twitter上に書き込んでいるところを見かけると,心底気持ち悪いと感じる。

こうゆう人たちは,お金儲けをしてる人,幸せそうな人を妬み,嫉む気持ちから,晒し上げ叩いていて自分の不満を発散しているのかもしれない。
しかし,そうゆうことでしか自分の不満を発散できないような己の心の小ささをまず,反省すべきではなかろうか。

芸能人の人生をとやかく言うのではなく,自分自身の人生をより前進させる方向に力を使うべきではないだろうか? 

それともなにか?自分のしょうもない人生を棚に上げて,人の人生の機微をとやかく言う資格があなたにあるのでしょうか?

そんなものあるわけないでしょ?

乙武さん,芸能界を引退された某アイドル様など,「有名税」という気持ちの悪いお題目のもとでで延々と注目を浴びたり,批判されたりしている人は多くいる。

「芸能人は,私生活も無いようなものだろ。」とか,
「芸能人だから批判されても我慢しろ。」とか,
こういう陰湿性は本当に本当に気持ち悪い。

芸能人はもちろんだが,他者に対してもう少し寛容に生きようじゃないか。

人を批判したところであなたの価値が上がるわけではないのだしさ。
自分自身の生き方を見直そう。

「コンフォート原則」が一番賢いお金の使い方。

人間,稼げるお金には限りがある。
だから,お金は有効に使いたい。
賢いお金の使い方として,「コンフォート原則」がある。

コンフォート原則
「コンフォート原則」というのは,『毎日長い時間使うもの』にお金をかければ,満足感を得られる。
だから,それこそが本当に賢いお金の使い方ではないか?という考え方である。

お金をかけるべきか迷った時に,そのお金をかけようとしているものが,
「贅沢なもの」なのか「合理的な買いもの」なのかを判断する手掛かりになってくる。

 

私の場合,

一日中パソコンで作業しているので,
パソコン関係のものにはしっかりお金をかけた。
音楽を聴くヘッドフォン,スピーカーも良いものを。
また,長時間座っているので,椅子も良いものを買った。
しかし,あまり出かけないので,外に着ていく服は高価なオシャレ服ではなく,普遍的なデザインの安い同じような服を必要最低限のみ買い,衣服にかける出費を抑えている
一日のうち,だいたい短いときで5時間長いときで10時間ほどは,寝ているので布団や枕,パジャマも寝心地の良いもの買った。
しかし,特別な日以外は贅沢な食事する必要がないから,簡単な粗食で済ます。
・・・のような感じである。

 

「一年間で数回しか使わない」,「一生のうちに一度だけ」のものにお金をかけるよりは,
『毎日長い時間使うもの』にお金をかけたほうが,生活の質が向上していくでしょう。

みなさんも,コンフォート原則を自分の生活に当てはめてみて,
『毎日長い時間使うもの』にお金をかけるようにしたほうが,幸せに暮らせるのではないだろうか?

時間とお金を換算するという考え方。

よく,「時は金なり」と言うけれど,時間を無駄にすることは多い。
自分の時間をお金と換算してみると,時間を大切にしようという気持ちがわいてきて,より意味のある時間を過ごせるので,
時間とお金を換算するという考え方をご紹介しよう。

 

例えば自分が,時給900円のアルバイトをしていると仮定して考えてみよう。
労働時間ともらえるお金について計算してみると…

1時間で900円
10分にすると,150円
5分にすると,75円
1分にすると,15円
5秒にすると,1.25円
1秒にすると,0.25円

 

だから,極端な話だが,計算上は,
アルバイトしている時に,何もせず呆けていても,4秒間過ごすだけで1円生み出したことになるわけだ。

 

これを,普段の生活とアルバイトをしている時間を対比させて考えると,
何もせず呆けていたら,4秒間過ごすだけで1円のお金を無駄にしたことになる
もしその時間を労働していれば,1時間で900円を生み出せたからだ。

慣れない人が,普段の生活全てにおいて,「時間対お金 換算」をすると息苦しくなってしまうかもしれない。
しかし,日々の時間を過ごす中に,
「今から過ごす10分は,労働していれば150円を生み出せた時間だから,150円分ぐらいは価値のあることをしよう。」
「この1時間は900円払ってでも寝たい1時間だから,1時間きっちり寝る。」
という,ような「時間対お金 換算」の思考を,多少は取り入れてみるのもどうだろうか?

 

「時間は限られているのだから、誰かの人生を生きて無駄にしてはいけない。
こうあるべきだという既成概念に囚われる事は、他の人間の考えに従って生きているのと同じだ。」by スティーブ・ジョブズ

 

人生という限られた時間で,自分のやりたいことをするには,やることとやらないことをきっちり分ける必要がある。
その中で,「時間対お金 換算」の考え方は,効果があるのではないだろうか?

「時間対お金 換算」の思考で,自分らしく自分の時間を使えるようになるといいですね。

仏教の「三毒」とは何か?

仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩のことである。
貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の3つであり、三毒とは,煩悩を毒に例えたものである。

 

貪(とん)は,貪欲(とんよく)ともいい,むさぼり,必要以上に求める心のこと。
一般には「欲」,「ものおしみ」と表現される。

瞋(じん)は,瞋恚(しんに)ともいい,怒り,憎しみ,妬みの心のこと。
一般には「いかり」,「にくい」と表現される。

痴(ち)は,愚癡(ぐち)ともいう。愚痴,真理に対する無知,おろかさの心のこと。
一般には「おろか」と表現される。

 

三毒は人間の諸悪・苦しみの根源とされているのだ。

 

しかし,貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の3つは,連鎖的に発生しまうことがある。
(とん)つまり,欲を必要以上に持つと,お金が欲しい,地位が欲しい,人に好かれたいという気持ちが増大する。
しかし,大きくなった欲はそう簡単に満たされない。だから,(じん)つまり,怒り,憎しみ,妬みの気持ちが出てくる。
そうして怒っているうちに,(ち)つまり,愚痴っぽくなり,正常な判断ができなくなり,愚かなことをしてしまうのだ。

また,貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の一つを持つだけでもなかなかにつらい。

克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩(毒)。
貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を大きく持っていると非常に生きるのが大変だ。

自分自身を見直して,自分の心の三毒を無くしていけるといいですね。

「何事もほどほどに」の気持ちで,ゆったり生きていこうじゃないか。

三つの毒を捨てなさい

三つの毒を捨てなさい

SPONSORED LINK