読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めとろぽりぬたんの日記。

思っていることを気兼ねなく、気楽に書き綴る。

いつのまにか、アニメ好きから乃木坂46好きになってる。

今日は、ただただ個人的なことをひたすら書きたいと思う。読みたい人だけ読んでください。

ここ最近、私はアニメ離れが急速に進んでいる。

事実、今期は全部切ってしまったので何も見ていない。(うしおととらジョジョは、時間と気力があれば見るかもしれない。)
別に、「アニメ見てないよ」みたいなアピールしたいわけではないし、アニメが嫌いになったわけじゃない。
なぜ、私がアニメを見なくなったのか。
理由としてあげられることは結構いろいろある。でもその中でも一番大きかったのが、
乃木坂46に出会ったからだ。そして今、乃木坂46に夢中である。(欅坂46も少し見てるけどね。)

なぜ乃木坂46に夢中になったのか。それは、さかのぼること6か月、昨年末のNHK紅白歌合戦乃木坂46さんの「君の名は希望」を見たからに他ならない。
もともと私は結構アニメが好きだ。特にラブライブ!μ’sがすごく好きだったので12月31日のμ’sの紅白出演を至極楽しみにしていた。
乃木坂46をこれっぽっちも知らなかった。なので、乃木坂46が出てきたときは、「ああ、AKBの姉妹グループかなにかかな。」ととても冷ややかな目で見ていた。
しかし、曲が始まった瞬間、私は恋に落ちるみたいに、乃木坂46の「君の名は希望」という楽曲に心を奪われた。
なんていい曲なのだろうか、と。本当にびっくりするくらいに、衝撃を受けた。同時に、乃木坂46のメンバーの可愛さにも驚いていた。君の名は希望について調べると2013年の曲だと分かった。アイドルにとても疎かった私は、「君の名は希望」という楽曲すら知らなかった。。。

この衝撃を感じたまま、紅白をバナナマンさんの紅白ウラトークとの2窓で見ていた。ずっと見たかったμ’sの紅白出演を見とどけて、乃木坂46の紅白ウラトークをみて、μ’sの紅白ウラトークをみて―――。あっという間に紅白が終わり、ゆく年くる年を見て、年を越した。
しかし、心の中には乃木坂46によって与えられた衝撃がずっと残っていた。
乃木坂46はどうゆうグループなのか?」
自分が初めてちゃんと興味を持った瞬間だった。それから、早速youtubeで検索すると、乃木坂ってどこ?、乃木坂工事中、NOGIBINGOという番組があるみたいだと知り、それらの動画を見て、もっと興味を持って、また調べて。そんな生活をしていると、自然とメンバーの顔を覚え、名前を憶え、番組で見てて分かってくる一人ひとりのひととなりが分かってきて少し好きになりだし、また調べて。。と繰り返し。。出演するテレビ番組をみて、ラジオを聞き始めて、ブログを読んて、雑誌を見て、CDを買って、MVcollectionのBlu-rayを買って。。。いつの間にか、私の生活に乃木坂46が入ってきた。私は、乃木坂46に出会う以前は、大学の単位を落としまくって中退しちゃうんじゃないか。という不安(これは現在も進行中。)、人生を間違えたなぁというやるせない気持ちに絶えず押しつぶされそうだった。。バイトも忙しかったし、ずっと心の中がもやもやとしていて全然余裕がなかった。しかし、乃木坂46について知っていくと、乃木坂46というグループの面白さとか、メンバーの苦悩や努力してる過程とか、そうゆうものが見えてきて、なんだかとても励まされた、そして、本当に好きになっていった。前は、AKBの握手券商法のことなどもあり、アイドルに対してネガティブな印象が強くてあまり好きではなかった。ずっと「歌唱力もそんなにないだろうし、所詮、アイドル。」って思っていた。でも、その自分が恥ずかしく思えてくるくらいに、乃木坂46のメンバーは今という時間を真剣に生きているんだなっていうことを感じていた。仕事に対する真摯な姿勢を見て、何もない自分の生活スタイルが恥ずかしくなった。メンバーの中に本をよく読んでいる子がいるということも聞いて、仕事が忙しいのに時間を縫って本を読んでる子もいるんだ、と舌を巻いた私。私も本を読もうと思い立ち、久々に読み始めた。忙しい合間を縫って自分のスキルを高めようとする姿勢には学ぶところがいっぱいあるなって感じたり、考えさせられたりして。なるほどなぁこれは応援したくなるのも分かるわ、ってなって。今では、握手券商法やtype分け商法に対しても、大所帯のグループを維持していくには致し方ないのかなっていう理解できるくらいには、いろんな内情が分かったりして。。そんなこんなをしているうちに、私は、アニメが見たいと感じなくなってきていた。惰性でアニメを見るのはなんだか時間がもったいないな、もっと生産的なことしなくちゃって感じるようになってきたり(良作を後追いで見るスタイルに切り替えた。)、アニメが嫌いではないけど、追いかけていって見ようというほどの気力そのものがなくなってきていた。実際昨年末あたりから見るアニメが自然と減ってきていたので、そこにちょうど当てはまる形で乃木坂46が入ってきたといってもまあ間違いじゃないかもしれない。
なんにしても、一つだけ確かなことは、今自分にとっては乃木坂46についていろいろ見ている方が何よりも楽しいということだ。
今思うに私は、年末から年始にかける年越しとともに、ラブライブμ’sへの関心、アニメ欲の大半をおいてきてしまったのかもしれない。
そして、それを自分にとってプラスの意味において受け入れている。
まだまだ、乃木坂46の躍進ぶりについていろいろ見守っていきたいし、新規のファンとして応援していきたい。
たぶん今年も紅白出演するだろう。それを乃木坂46のことを少しは知っている一人のファンとして見れることが今からとても楽しみである。

すごく夢中になれるものに出会うと、やっぱりいろいろ変わるのかもしれない。

乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME [Blu-ray]

乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • 発売日: 2016/07/06
  • メディア: Blu-ray