好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

思っていることを気兼ねなく、書き綴る。私の脳内をお見せする感じです。

「認知的不協和に陥る」とは,つまりどうゆうことか?

認知的不協和
認知的不協和(にんちてきふきょうわ、英: cognitive dissonance)とは、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。人はこれを解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。(Wikipediaより引用)

SPONSORED LINK

 

つまりどうゆうことかというと,

人は自分の考え方や行動とは違う,『新しい事実』を突きつけられると,不快な感情を抱きます。
そのため、自分の考え方や行動と,『新しい事実』のどっちかを否定することで,矛盾を解消しようとします。

このことを「認知的不協和」というのです。

往々にして人間は,自分の考え方や行動を変えることが困難な生き物なので,大概の人は『新しい事実』の方を否定しようとします。

矛盾する2つの事実を知ってしまった時に,自分にとって不都合な方の事実を変えようとする心理が働きます。

これを,「認知的不協和の解消」といいます。

↑以下,こちらのサイトにいい例があったので内容を参考にしながら書かせてさせていただきます。

人は,ある商品を購入した後,「自分の選択は正しかった」という認知と「その商品は良い」という認知を抱きます。
この2つの認知(事実)は,協和するということになりますね。

しかし,その逆に,「その商品はあまり良くない」という『新しい事実』を知ってしまうと,協和せず,不協和を起こすことになります。

よって,商品を購入した認知的不協和に陥っている人は,商品を購入した後にも
「その商品は良い物です。」「その商品は優れている。」という情報を積極的に求めるようになったり,「その商品はあまり良くない」という情報を得た場合(得てしまった場合)は,
「その商品は良い物です。」「その商品は優れている。」という
【その商品を買った自分の選択は正しかったと証明できるような情報】
が得られるまで探したり,「でもここは良い」などといった他の角度からの利点を見つけて自分自身を納得させようとするのです。

あなたは,認知的不協和に陥ってはいませんか?
あなたの周りに,認知的不協和に陥っている人,いませんか?

認知的不協和の解消をうまく活用することで,日々を過ごしやすくはなります。
しかし,あなたが,自分の考え方や行動とは違う『新しい事実』のほうが,どう考えても正しいと判断できた場合で,自分の考え方や行動を否定し,『新しい事実』を受け入れて「認知的不協和の解消」ができるような精神状態であるのならば,『新しい事実』を認めることも必要かもしれません。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

  • 作者: 池谷裕二
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/28
  • メディア: 文庫

以上,私が尊敬する経済評論家である,三橋貴明さんがブログで「現在の日本政府が認知的不協和に陥っている」ということについて前々から書いていらしたので, 『「認知的不協和に陥る」とは,つまりどうゆうことか?』を知らない人向けに書いてみました。

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK