好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

思っていることを気兼ねなく、書き綴る。私の脳内をお見せする感じです。

アイドルという宗教を信仰するということ。

私は,乃木坂46というアイドルグループが好きだ。

アイドルとは,偶像であり信仰そのものである。

私は,乃木坂46オタクなので,乃木坂46という宗教を信仰している信者である。
そして,「アイドル」という宗教の信仰を極めて肯定的に考えている。

なぜ私がこう考えるに至ったのか?その理由について書いていく。

 

SPONSORED LINK

 

 

結論から言うと,

人間には魂の救済が必要だと感じるからである。

まず,「魂の救済と心の拠り所には,密接な関係があり,人は,心の拠り所を,絶えず探している生き物であること」がこの話を進めていく上でとても重要といえる。
心の拠り所には,恋人,友人,家族,仕事…など様々なものがある。
しかし,それでは満たされない人が多くいる。
そういう満たされない人の心の拠り所になるのがアイドル,アニメやゲームである。

また,他にも,無駄な買い物とか…他者批判とか…がある。

 

アイドルに夢中になる心理の一つには,「強い快楽的欲求を満たすため」というものがあるそうだ。
たしかに,そういったものが全く含まれていないとは言えないかもしれない。
しかし私は,そういった快楽的な欲求を満たすものではなく,

「かわいい女の子たちを見て,幸せな気持ちになる。」
「生きる気力がわいてくる。」
「応援してる子から元気を貰う。」という

『その子を純粋に応援し,愛する』という行為によって,精神的な幸福感を満たしたい気持ちの方が,アイドルに夢中になる要因の多数を占めているように感じる。

 

アイドルに夢中になる要因にはさまざまなものがあるが,
「疲れているとき、特に心が弱っているとき」と前にも書いたことがある。

私自身,学業とバイトがつらく,人付き合いも上手くいかずで,精神的に追い込まれているときに乃木坂46に出会い,救われた。
アイドルを心の拠り所にすることで自分の精神的安定を守り,精神的な幸福を感じるというのは,全く間違っていない。これは私の経験談である。
精神的に追い込まれて逃げ場がなくなって自殺とかしちゃうより,よっぽどいいじゃないか。

アイドルを愛することには,魂を救済する力があるのだ。

 

また,疲れているとき、特に,心が弱っているときに聴くアイドルソングというものは麻薬性があることも大きい。
乃木坂46の楽曲には,明るく盛り上がる曲だけでなく,バラード曲も素晴らしいものがあり,私は,すっかり骨抜きにされてしまった笑

「かわいい女の子たちが明るく歌う,めちゃくちゃ楽しい曲。」
「かわいい女の子たちが切なく歌う,しっとり心に沁みるバラード曲。」

 

やはり,ものすごい破壊力である。

 

ふるい時代から,人々は踊りや唄に『救い』を求めてきた。
そして,時代とともに,雅楽や神楽,民謡,童謡,唱歌,子守歌,演歌,歌謡曲などさまざまな踊りや歌が生まれてきたのである。
昨今の音楽チャートを乃木坂46や嵐,AKB48が占めているのは,もちろん,CDの売り上げ枚数というのも多大に影響があることだろう。

だが,それだけにとどまらず,息苦しい社会や人間関係からの救済を求めている人が多く存在しているからだと思う。
人口減少が深刻化する日本において,自殺率は上昇しているというのは,精神的に追い込まれて逃げ場がない人が増えている証拠でもある。

 

日本人は宗教に無関心だといわれるが,「アニメキャラやアイドルの○○ちゃんが好き。」とか「芸能人の○○さんが好き。」という,画面の向こう側の人への愛や信仰心を持つ者がたくさんいる。

日本人が,宗教に無関心になり,ここまで毛嫌いにするようになったのは,金儲け主義の新興宗教が数多く生まれたことによって「宗教=いかがわしいもの」と思われるようになったことや,オウム事件による「宗教=怖い」という認識が増えてしまったこと,といった影響が大きい。

しかし,これまでの長い歴史において,人々の生活は宗教と共にあったではないか。精神的な救いを宗教に求めてきた過去があるではないか。
それが,少しずつ形を変え,今では,神道としてあがめる「神」や仏教の信仰対象として「仏」の代わりを,アイドルやアニメキャラが担うようになっただけのことではないのか。

何らおかしなことはない。

「宗教にすがることで魂を救済する」という原点にここで立ち返ってみようじゃないか。 

 
SPONSORED LINK

 

 

人は誰しも,誰かを応援する,愛することで自分を満たしたいという気持ちを持つ。
アイドルは,他者に応援される存在,愛される存在であることで,魂の救済をアイドルオタクにもたらしているのだ。
アイドルという宗教について深く考えてみると,アイドルという存在を応援することはこれはこれで立派な「信仰のかたち」ではないだろうか。
そう考えると私は,アイドルを信仰するという行為そのものがとても高尚なことにさえ思えてくるのだ。

 

魂を救済する手段の一つとして,あなたもアイドルにハマってみるのはいかがだろう。
人生で出来ることなんか限られているのだから,せめて,楽しく生きていこうじゃないか。

SPONSORED LINK