読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななめとろの日記。

思っていることを気兼ねなく、気楽に書き綴る。

AKB商法批判について

私はずっと、AKB商法を批判する側にいましたが、ここ最近で考え方が変わったので一応まとめて書いておきます。「最近はCDが全然売れない。」っていう議論、ほんとうに難しいなと思うわけです。いろんなところで無料で音楽を聴けちゃう環境もあるし、そもそもみんなの好きな音楽とか、趣味嗜好が多様化してきてるってのもあるしね。

「そもそもCDは高いから売れないんだ、CDの値段を下げろ」って意見。

「確かにな。」と同意する内容ではあるのだけれど、CDの単価が下がることによる売り上げの低下が、創作する側の創作意欲の低下や、マスタリングの劣化につながる危険も高いと考えると、賛成とは言えないなぁ。「AKB商法でオリコンチャートが崩壊してる、某アイドルのtype分けられたCDについてくる特典(握手券、イベント参加権等)目当てによるCD購入は、本当の音楽販売とは違うのではないか」という意見。大いに理解できますし、実際問題そうなっている現状も把握しております。しかしながら、やはり音楽プロデューサー、歌手、レコーディングやMV撮影、広告、宣伝活動に携わるスタッフを食わせていくには、CDが売れなくては元も子もないという事実もちゃんと認識しなければならないよねってこと。AKB商法批判を展開する前に、今一度自分の生活を見つめてほしいな。好きな曲、お気に入りの曲をyoutubeニコニコ動画にUPされた動画で視聴するだけで満足し、CDは買っていないのではないですか?CDを買うお金がない、そもそも、CDにお金出すのがもったいない(?)といってCDショップでのレンタルや友人との貸し借りだけで終わらせてはいませんか?最近AKB48を卒業された高橋みなみさんが、AKB商法批判に「クソ食らえ!」と言ったことに対して、「的外れだ。」との批判の声が相次いでいましたが、言いたかったことは十分理解できる内容のように思うね、自分は。「的外れだ。」と批判する側の方は、自分の好きだと思うアーティストさんのCDはお金を惜しまずに買う努力をしていただきたい。もちろん、中古ではなく正規店での新品購入で、ですよ。私もできる限り音楽をCDでちゃんと買う努力をしています。

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

  • 作者: 柴那典
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/11/16
AKB商法とは何だったのか

AKB商法とは何だったのか

  • 作者: さやわか
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2014/08/11
 
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック