好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

思っていることを気兼ねなく、書き綴る。私の脳内をお見せする感じです。

乃木坂46批判なんかクソくらえ。

まだ興奮がおさまらない。

乃木坂46レコード大賞を受賞するとは。

まず,バックバンドの演奏が素晴らしかったし,メンバーのダンスは最上級に揃っていたし,表情もきまっていて,圧巻だった。言葉にならないくらい,凄かった。

 

SPONSORED LINK

 

 

私は,乃木坂オタクであるというバイアスが,めちゃくちゃかかってはいるんだけど,あのレコード大賞のステージ上でのパフォーマンスは,やっぱり本当に素晴らしかったと思う。

乃木坂46をよく知らない人たちも圧倒されたんじゃないの?

 

他のアーティストさんをどうこう言うつもりは全くないが,やっぱり今年は,乃木坂46の一年だったんじゃないの?名実ともに「インフルエンサー」だったと思う。

乃木坂じゃないほうが良かったと言う人達は,どこが受賞すれば納得したの?

たぶん,誰が受賞しようがずっとそうやって批判し続けるんでしょ?

そんな批判に目を向ける必要性を私は全く感じない。

 

昨年は某クソ週刊誌がレコ大に対する疑惑を誌面に載せ,世間は「レコード大賞は金で買ってる。」と思ったことだろう。

そして今年は,「レコード大賞は乃木坂受賞」といわれるようになってからは出来レースだのなんだのと騒いでいる人たちもいた。だから,私も正直なところ,乃木坂がレコード大賞受賞しても,どうなんだろう?と思ってしまっている節もあったのは否定できない。

 

しかし,あの受賞の様子を見たら,やっぱり純粋に嬉しかった。

「オタクは,理論や理屈を超えるんだな。」

と心から思った笑

外から、あれやこれや言われようが、そんなことはもうどうでもいい。

乃木坂批判なんかクソくらえ。私は,私の審美眼を信じます。

乃木坂ちゃんがレコード大賞受賞を喜んでいたのだから,口パクだのなんだのはもういいじゃないか。乃木坂が好きな皆さんは,批判に目を向けず,ただただ乃木坂ちゃんを応援しようじゃないか。

私も,今は素直に嬉しい。

こんなに素晴らしいものを見させていただいてありがとうございます。

乃木坂46に出会えて良かった。」もう何回言ってるんだろう,このセリフ笑

 

乃木坂46のメンバー,スタッフさん,運営委員長の今野さん,

療養中の北野日奈子さん,今年卒業した橋本奈々未さん,中元日芽香さん,伊藤万理華さん,そして,これまでに卒業していったメンバー,作詞家の秋元さん,その他多くの乃木坂46に関わっている皆さまに心からお祝い,そしてお礼を申し上げます。

来年も,乃木坂46にとって坂を上り続けられる良い一年でありますように,一人の乃木坂オタクとして祈っています。

私は,今日の紅白歌合戦が,とても楽しみでずっとワクワクしています。

オタクってのは,幸せな生き物なんですよ。

あ、言い忘れてたけど、エンドロールの中田花奈さん,圧倒的優勝でした。

インフルエンサー(TYPE-A)(DVD付)

インフルエンサー(TYPE-A)(DVD付)

  • アーティスト: 乃木坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: CD
SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK