好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

思っていることを気兼ねなく、書き綴る。私の脳内をお見せする感じです。

生駒ちゃん、乃木坂46からの卒業を発表。サヨナラに強くなれません。

サヨナラに強くなれません。

乃木坂46生駒里奈さんが卒業。」

 

何も手につかない。

生駒ちゃん卒業ですか…。そうですか…。

前を警戒していたら、後から殴られたような感じ。それくらい突然だった。生駒ちゃんの卒業は。

 

SPONSORED LINK

 

2015年の真夏の全国ツアーのファイナル。

生駒ちゃんの「神宮ー!!」からの太陽ノックは、乃木坂46の歴史において伝説に残るワンシーンだろう。映像を観たときのことを、強く覚えている。

 

初期の頃は、まだまだバラエティー慣れせず,いろんな番組に出るたびに泣きじゃくっていた生駒ちゃん。

その頃は、乃木坂46を知らなかったので、そんな生駒ちゃんを見て、

「なんだろう、この子?大丈夫か?」と思っていた。

でもよく考えれば、16歳の女の子が身1つで上京し、アイドル活動をしていたのだから、それはそれは、大変だったことだろう。想像に難くない。

 

今では、

乃木坂工事中やNOGIBINGOというホームだけでなく、外番組でもバンバン活躍する姿が見受けられている。

自分自身、本当に勇気をもらった。

ありがとう。

 

いろいろな番組で乃木坂46の名前を広めるとともに、逆に、乃木坂アンチ、生駒アンチが増えたり、批判されたりすることもあっただろう。2ちゃんねるの乃木坂スレの書き込みの中には、目を伏せたくなるほどの悪意が散見されることもある。

握手会で面と向かって、いろいろ言われたこともあっただろう。

そんなアンチや批判に、屈することなく、ここまで「乃木坂46の顔、生駒里奈」として頑張ってきてくれたことに、強く感謝したい。

 

また、私は当時を知らないが、2014年の末、私の推しメンである松村沙友理ちゃんのスキャンダルが出てしまったとき、レコメンで謝罪した際に、それに付き添い、松村さんをフォローしてくれたのも生駒ちゃんだった。

遅ればせながら、本当にありがとう。当時の松村沙友理さんは、生駒ちゃんに勇気をもらったことだろうと思うよ。

 

生駒里奈さんが本日更新したブログにおいて、

「確かに、まだ乃木坂46でやる事はあると思います、

ですが、今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです。」

と書いている。

乃木坂46を愛し、乃木坂46のために頑張ってきた彼女の言葉には、説得力しかない。

 

乃木坂46 6作目のシングル「ガールズルール」の選抜発表の時、

センターが白石麻衣と発表されて、5作目まで連続でセンターを務めた生駒里奈は、センターの重圧から解放された安心感から、その場で気絶した。それほどの責任感を感じて、まだ有名じゃなかったころの初期の乃木坂46を支えたのだ。

 

2011年に、AKB48のライバルグループとして結成された乃木坂46

 

昨年の11月には東京ドーム2DAYSのライブを成功させ、その年のレコード大賞を受賞し、3度目の紅白歌合戦出場を果たした。

 

…もう満足しちゃったのかな。。

 

乃木坂46は、AKB48を超えたといっても過言ではない。

今の乃木坂46は最強。それは、本当にその通りだ。

 

生駒里奈

乃木坂46のメンバーとしての最後のシングル。

 

名作詞家である秋元康さんが、生駒ちゃん卒業の餞に、

どんな詩を書くのか?どんな曲を選ぶのか?

生生星のフロントが、久々に実現するのか?

はたまた、全く違ったフォーメーションになるのか?

 

本当の本当に、ここが、乃木坂46の正念場になるだろう。

 

乃木坂46のキャプテン桜井玲香さんは,1月27日のブログで、

「ワクワクする様な出会いがあれば、ちょっぴり寂しい別れもある…。

けど、出逢ってしまったということは

ずっとずっと見えない何かでつながっているということです!!!!」

と書いていた。やけに意味深なブログだなぁとは感じていた。

…なるほど。

「ちょっぴり寂しい別れもある」とは、生駒ちゃん卒業のことをさしていたのか…。

 

乃木坂46を卒業された、中元日芽香さんも

ラッシュ一号と題された、モバイルメールで、

「全てのことは

皆さんが思っているよりも多分

ずっと前に決まってる。

これから秋、冬、下手したら春に

発表になるものさえ

今の時点で決まってたりする。 」

と書いていた。

 

また,私の推しメンである松村沙友理ちゃんは、10月16日付のモバイルメールで、

「思うことはいっぱいあっても
それを
口にする事はどんどん少なくなる
言いたくても言えないことが増えるのが
大人になるってことなのかな?」

と書いていた。

これから、乃木坂を卒業するメンバー、、、

そう。私の推しメンの松村沙友理ちゃんの卒業でさえも、

もう決まってるのかもしれない。

まあ、発表されちゃったら、全然に受け入れられないと思うし,

ただただ嫌なんだけど。

 

中元日芽香さんのドキュメンタリー映像のワンシーンにおいて、

「メンバーと過ごす時間は、すごくかけがえのないもので。

でも、それに気づくのは、タイムリミットを知ってから、改めて気づくことがあるかもしれません。

そんな時に後悔しないように、どうか、たくさん、日々メンバーに、愛を伝えてあげてください。

僕には、私には、あなたが必要だよってたくさん言ってあげてください。

そうして、メンバーとファンのみなさんとで、これからも、素敵な乃木坂46を作っていってください。

と言っていた。

 

本当に、その通りだと思う。

永島聖羅深川麻衣橋本奈々未中元日芽香伊藤万理華......他にも多くのメンバーが卒業してきた。

そして、そこに生駒里奈さんが加わることになった。

 

前向きな意味での卒業。

そっと、背中を押してあげよう。

 

今日、生駒里奈さん卒業の発表を聞き、

後悔のないように、推しメンである松村沙友理ちゃんと乃木坂46の応援をしていきたいなぁと、1人の乃木坂オタクとして強く思う。

オタクにできることってのは、そうゆうことだろ。

https://spice.eplus.jp/images/quCZyi19jcndEurNOBCIzlhXz8RqGeTELG4rjKcaeK9IrLv53SRJdePBpSUuEuq7

生駒里奈の『推しどこ?』 [DVD]

生駒里奈の『推しどこ?』 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: DVD
4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [Blu-ray]

4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: Blu-ray
SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK